アートにエールを!

アーティスト向けの支援策に応募し、作品が東京都のホームページにアップされました。

リモートでの演奏はテンポ感を掴むのが非常に難しく、試行錯誤の上、お手製のクリック(メトロノーム)をメンバーが作成、それに合わせピアノ→ヴァイオリン→、チェロ→ヴィオラの順に録画し、重ね合わせました。

今年は旅行にも気兼ねなく行き辛い事から、写真で四季の風景、これまでの何気ない日常を楽しんで頂きながら、演奏もお聞きいただければ幸いです。

作品紹介

MOSAYCによるピアノ四重奏のリモート・アンサンブルと、フォトグラファーAmi Hirabayashiの作品で綴る「ロンドンデリーの歌」。
「変わったもの・変わらないもの」をテーマに、世界中で起こったこの大きな変化と、その中でも変わらず繰り広げられる自然の営みや時間の流れの対比を、国境を越えて愛され続ける美しい旋律と共に言葉のない物語のように表現しています。
◉演奏:MOSAYC
◉フォトグラファー:Ami Hirabayashi(amigraphy)
◉サウンド・エンジニア:H-t studio
◉映像編集:中村昌嗣(やまと撮影)
曲目:ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)[編曲:深川甫]

MOSAYC × amigraphy

MOSAYC(モザイク):ピアノ四重奏
東京の音楽大学を卒業後ヨーロッパで研鑽を積んだ仲間が集まり2017年に結成。メンバー四人を中心とし、時にはモザイク画のように多種多様な編成で活動したいとの思いを込め、それぞれの頭文字とも組み合わせて名付けられた。イベント演奏や定期演奏会の開催など、精力的に活動中。
− 廉田 明子/ピアノ
− 遠藤 百合/ヴァイオリン
− 深澤 千佳/ヴィオラ
− 榊原 糸野/チェロ

amigraphy:フォトグラファー
音楽大学を卒業後、写真スクールを卒業、写真事務所で修行を積む。プロデビューを果たし、現在コンサートやライブ、アーティスト写真、雑誌系など、幅広く活動中。

関連記事

  1. シューベルト ミサ曲

  2. ヘンデルのメサイヤ、終演しました!

  3. シューベルトのミサ曲 第6番